子供の歯並びが気になる親御さんへ

どうして歯並びが悪くなるの?

上顎と下顎の位置関係のずれや顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪いと歯並びが悪くなります。
たとえば、上顎より下顎が後ろの位置であれば出っ歯になったり、顎の大きさに足して歯の大きさのバランスが大きければ凸凹になります。

いつから子供の歯並びは悪くなるの?

乳歯だけの時は歯並びが良くても、あとから生えてくる永久歯のほうが大きいので下の前歯が生えてくる時にねじれて生えてきたり、裏側から重なって生えてきたりということがあります。

また指しゃぶりがあったり、舌を出す癖があったりすると、奥歯で噛みしめても前歯があたらず、例えばラーメンを前歯でかみちぎれない開咬という状態になることもあります。

悪い歯並びを放置するとどうなってしまうの?

生えかわりのはじめの時は少しの凸凹であっても、永久歯への交換が進むにつれて凸凹が大きくなることが考えられます。
凸凹が大きいと汚れがたまりやすく歯磨きもしづらいことから虫歯になるリスクが大きくなるだけでなく、将来大人になってから歯を失う原因が最も高い歯周病になる可能性が大きくなります。
八重歯のおばあちゃんをほとんどおみかけしないのは、歯周病で歯茎が下がってしまって抜けてしまったり、冷たいものがしみるようになって抜かなければならなくなったということがあったためだと考えられます。

また、歯と歯が当たる面積が少ないためにご飯を食べるのが遅くなったり、顎の関節が歯ぎしりやくいしばりなどのストレスに耐えられず、痛みが出たり口が開かなくなったりすることがあります。
口元の見た目に関してのコンプレックスを感じてそれがストレスになっているというお子様も最近多く相談にいらっしゃっています。

歯並びを良くするメリット

まず、歯みがきがしやすくなるため、むし歯や歯周病ののリスクが低くなります。
しっかり咬めるようになるためご飯を食べやすくなり身体の成長にも良い影響があるでしょう。
見た目の改善はもちろん機能的なかみ合わせを作ることにより、おじいちゃんおばあちゃんになるまで一生自分の歯でご飯を食べられるようにするのが当院で目指している矯正治療です。

いつから矯正を始めれば良いの?

下の前歯の永久歯が生えてきた時が歯並びの相談のいいタイミングです。
子供の時は顎の成長を促すことで上下の顎の位置を整えたり、歯の大きさにあったところまで顎の幅を広げて上げで隙間を作ることができます。

例えばでこぼこがあっても隙間を作ってあげれば自然に舌や唇の力でならんできます。
当院での治療方針は現在のかみ合わせの原因に対して、科学的根拠に基づく治療方針を立てるため、歯並びの状態によって適切な治療開始時期はかわってきます。

よく、乳歯の時から治療を進める歯医者さんもいますが、治療のゴールは永久歯でのかみ合わせの状態です。
乳歯を並べても永久歯が良い状態になるとは限らないですし、乳歯を並べなくても永久歯は問題ない歯並びになることもあります。

現在他の歯科医院で治療をしている方でも疑問なことがあれば、なんでもお答えしますのでお気軽にご相談ください(セカンドオピニオン相談無料)

小児矯正の注意点

矯正治療で使用する装置は様々なものがありますが、まずはじめに選択する装置は寝る時のみに使用する装置です。
取り外しが可能な装置は歯磨きしにくいという心配がなく、また違和感も少ないため効果的に成長を促すことができます。

ただし、お子様がたまにしか使用しなかったりといった状態ですと効果もでにくく、せっかく矯正治療を始めてもかみ合わせの改善しないことになってしまいます。
お子様の多くは、ご両親の希望により治療を開始しますが、ご自身の意思で治療に取り組めるよう、コミュニケーションを大事にしております。
矯正治療は自己管理が重要です。特に治療経過を左右する歯みがきや取り外し式矯正装置の使用はお子様自身のモチベーションが重要になってきます。

当院では、お子様本人にも、わかりやすく具体的な治療方針を説明しています。
治療中にも積極的にお子様とコミュニケーションをとり困ったことや気になることを直接お聞きしています。
最後まで前向きに治療に取り組めるよう色を選択できる装置や、装置着用のチェック表を用意しております。